前へ
次へ

土地活用は太陽光発電がおすすめ

土地活用法として太陽光発電システムを設置する人が増えています。
導入に一定の費用がかかると言ってもマンションやアパートを建設するよりずっと安いですし、運営も空き室リスクがないため安定収入が見込めます。
最大の特長は無尽蔵のクリーンエネルギーであることで、石油のように枯渇する原料ではなく、発電時にCO2やSOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)なども発生しないことです。
規模に関係なく発電効率はほぼ一定で、どんな土地でも広さに合わせて自由に規模を決めることができます。
例え持っている土地の立地が悪く、形がいびつで狭くても、太陽光を受ける分にはなんら問題にはなりません。
使い道のない土地でも持っているだけで税金が取られるわけですから、少しでも資産活用して収益源にしなくては損でしょう。
2012年にスタートし、現在も実施されている太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)では、家庭用太陽光発電は10年間買取価格が維持されます。
発電時に騒音もなければ汚染物質も排出物もないわけですから、近隣との摩擦もなく安定した土地活用ができるでしょう。
システムの構造はとてもシンプルで、メンテナンスが簡単なのも大きなメリットです。
寿命も年々延びていますし、現在では太陽電池モジュールの耐用年数が20年以上とされていますもちろん設置場所や条件によって多少変動はあるものの、安定して収入が得られるわけですし、多くのケースで初期費用を回収する年数は8年程度となっています。
一定の投資をしても十分に取り戻すことができるわけですから、かなり魅力的な投資案件と言えるでしょう。

東京渋谷OA流通センター|コピー機・複合機・OA機器の専門店

CPCC
目的・依頼内容に合う最適な臨床試験内容の提案や試験の実行・データ処理・分析を行っている会社です。

機能性表示食品|ヒト臨床試験の企画から対応いたします

また、自家消費すれば電気代を0円にすることも夢ではありません。
従来は昼間電気をためて夜に電気を使うプランが主流ですが、蓄電池を使えば夜に昼作った電力を使うこともできます。
万が一の災害時にも、安心して使える電力があるのは非常に心強いでしょう。
スマートフォンを充電できるシステムもあります。
中には売電価格が下がったことで投資の魅力が減ったと感じる人もいるようですが、一方で、設置基準が引き上げられ、優良業者を選びやすくなった点は歓迎できます。
これまで以上に投資しやすい環境が整いましたし、太陽光をメインとした投資には安定性を感じる人が多いのも事実です。
人に左右されることなく、持続して運用できる土地活用法として、検討してみてはいかがでしょうか。

Page Top